新着情報

2019年9月22日

第3回日本遺産「子どもガイド」のご報告

8月25日(日)、日本遺産「子どもガイド」の第3回研修会を行いました。

今回の研修では、前回の復習と原稿づくりを行いました。原稿づくりでは、前回話し合ったガイドで伝えたいポイントを整理し、ガイド文にしていきました。ガイド文にする際には、廣瀬家の家業であった「掛屋(かけや)」が現代の「銀行」であることなど、歴史用語もわかりやすく伝えられるように工夫しながら作業を行いました。

次回の研修では、「おもてなしの心とガイドの基本」について、咸宜園平成門下生之会の交流事業サポーターの方にご協力いただき、より良いガイドをするための心得について学ぶ予定です。